満員御礼! PMI日本支部セミナー

昨日はPMI(Project Management Institute)日本支部主催のセミナーにて講師を務めました。当日キャンセルもほとんどなく、100名の会場が満席となりました。

セミナーの内容は大きくは2つ。
一つは「プロセスデザイン」、もう一つは「人間」です。

プロジェクトマネジャーという立場は非常にむずかしい仕事です。組織とプロジェクトという二重性、経営と現場の狭間にはさまれながら、成果をださなければなりません。しかも、自分で直接成果を出すのではなく、人を使って成果を出さないといけないところが、さらに悩みの種となります。

そんなジレンマの中で成果を生み出すには、プロジェクトマネジメントとともに、「プロセスデザイン」と「人間の理解」が必要だというお話しをしました。

セミナー後のネットワーキングでも、さまざまな方とお話することができ、とても楽しい時間を過ごすことができました。みなさん、PMP有資格者の方ばかりですので、かなりレベルの高い議論でした。私も勉強になりました。

セミナー、ネットワーキングを通じて印象的だったのは、みなさん、やはり「人間」についての悩みが大きいということでした。さまざまなジレンマを抱えて、日々どのようにすればプロジェクトを成功させることができ、プロジェクトメンバーを成長させられるかを考えられています。中でも「政治」の話では盛り上がりました。

プロジェクトマネジャーは現場に張り付く傾向があります。しかし、「政治」を避けていては、プロジェクトやメンバーを守ることもできず、成果を生み出すこともむずかしい。じゃあどうすればいいの?という問いに、少しでも答えることができたならよかったと思います。

さらにその後、PMI事務局の方と打ち上げで、ざっくばらんに盛り上がることができ、得がたいつながりができたと思います。

みなさん、ありがとうございました。

セミナー、ネットワーキングの中で言及した文献について、あらためて質問いただいているので、リンクしておきます。

科学の方法
中谷宇吉郎(岩波新書)

影響力の法則
アラン・R・コーエン(税務経理協会)

ソフトウェアプロジェクトサバイバルガイド
スティーブ・マコネル(日経BPソフトプレス)

ラピッドデベロップメント
スティーブ・マコネル(アスキー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA