VE国際大会で論文発表

オルタナブログにも書きましたが、いまフロリダに来ています。オーランドで開催されている、VE(Value Engineering/価値工学)の国際大会で、論文の発表をしました。ついさっき、プレゼンテーションが終わったところです。

VEは、製造業、建設業では広く活用され、大きな成果を上げていますが、ソフトウェアをはじめ、その他のビジネスではあまり知られていないのが現状です。

私はこのVEを、プロセスをデザインしたり、改善するアプローチの一つとして、活用しています。

たとえば、ソフトウェア開発において、もっともむずかしく、もっとも影響の大きいプロセスが「要件定義」のプロセスです。顧客の「真の要求」を引き出し、それを仕様化するむずかしさは、エンジニアであれば、誰しも経験があるはずです。VEはこのプロセスで大きな力を発揮します。

要件定義プロセスが持つ課題のうち、もっとも大きなものが、

 ・要求は曖昧さを含んでいる
 ・顧客とエンジニアの共通言語が存在しない
 ・顧客が自分自身の「真の要求」を理解していることはまれである

です。

これらの課題に対して、「プロセスデザイン」とVEを組み合わせて活用し、

 ・要求の曖昧さを減らす
 ・顧客とエンジニアとの共通言語を提供する
 ・顧客の「真の要求」を引き出す方法を提供する

ことで、課題を大幅に改善することができます。

今回は、この方法について論文として発表をしました。

あらゆる国から、さまざまなバックグラウンドを持つ人たちが集まり、お互いの成果を発表しあう場に参加することは、とても刺激的です。来年もまた参加しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA