部下が育たない理由

「部下が育たない」
「言ったことしかやらない」
「自分で考えずに、すぐに聞きにくる」

部下を持つマネジャーから、よく受ける相談ですが、たいていの場合、マネジャー自身に問題があります。なぜならそれは、 答えを与えてしまっている

ということです。

■ やがてボトルネックとなるマネジャー

部下が育たないマネジャーは、

 ・部下が失敗したときに「なんでそんなことやってんだ」と叱る。
 ・部下がやろうとしたことに「そんなんじゃだめだ」と否定する。
 ・何か問題があったとき、対応策を細かいプロセスまで指示する。

といった特徴があります。

失敗したら頭ごなしに叱られて、自分が考えてやろうとしたら「そんなんじゃだめだ」と言われてしまい、細かい手順まで指示されれば、考えなくなるのは当たり前です。マネジャーの言うとおりにやれば、叱られる可能性は低くなりますし、どうせ否定されるのであれば、はじめから聞きにいったほうがはやいからです。

マネジャーの気持ちもわからなくはありません。マネジャーは多忙です。部下も一人ではありません。問題は次から次への起こります。そんな状況の中で、一人ひとり丁寧に対応している時間はないというのが、現実でしょう。私自身もかつては、机に待ち行列ができて、指示を次から次へと出していくというスタイルだった時期もありました。しかし、これではマネジャーのキャパシティが、アウトプットの最大量ということになってしまいます。マネジャー自身がボトルネックになってしまうのです。

■ 問題はチームで解決する

部下を育てるために、マネジャーは「問題はチームで解決する」という意識を持たなければなりません。マネジャー、上司である以上、責任を背負うのはマネジャーです。しかし、それはすべてを自分で考え、判断しなければならないということではないのです。

マネジャーが考えるべきは、チームや部署の方向性であり、日々のオペレーションやトラブル対応の細かいプロセスではありません。それはチーム全体で考えればいいのです。マネジャーが、「問題はチームで解決する」という姿勢を見せることで、部下やメンバーは自分の頭で考えはじめます。

チームで問題を解決する「場」として、とても有効なのが、オルタナブログにも書いた「カンファレンス型」の進捗会議です。

プロジェクトで実際に起きている問題、たとえば進捗遅れや、必要なものがそろっていないとか、顧客からのクレームなどを、どのようなアプローチで解決するかを、マネジャーが答えを出すのではなく、「どんなアプローチが考えられるか?」を問いかけながら、メンバーの思考力を高めていくのです。

メンバーが自分の頭で考えるようになるまで、少し時間がかかります。しかし、そこであきらめずに、問いかけつづければ、必ず頭が動き始めます。そうやって、メンバーができること、考えられることを増やしていけば、マネジャーは自分が考えるべきことに時間を使えるようになるのです。


■ お知らせ

プロセスデザインのエッセンスを講座で学び、さらにラウンドテーブル(円卓会議)という形で、私が問いかけ、参加者とディスカッションしながら、知識を「実践知」に高めていく特別講座を企画しました。

参加者の方に、「実践知を身につけていただく」ことが目的です。講師とのやりとりの中で、プロセスデザインとプロジェクト思考を身につけていただきます。深い学びが得られるようにデザインされた講座です。

第1回  8/ 1(水)テーマ「計画」
第2回  9/12(水)テーマ「進捗管理」
第3回 10/17(水)テーマ「要件定義」

・自分以外の人の課題と、その回答が、学びを促進されます。
・座学での知識を、自分の「現実」にどう適用するかを学ぶことができます。
・ご自身の「現場の課題」についてのヒント、アプローチがその場で講師から得られます。

お申し込み状況:■□□ 席が埋まり始めました。

詳細・お申し込みはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>