子どもの顔が見れないエンジニア

オルタナティブブログには「プロセスって何それ?食べれるの?」と題して、プロセスをデザインすることで何ができるのかということについて書きました。これはプロセスをデザインすることによって得られる「効用」であって、さらにその先には、プロセスをデザインする「理由」があるはずです。私がソフトウェアエンジニアとして、最初に取り組んだプロジェクトは、まさに「デスマーチ」の典型でした。クライアント先では「不可能」と言われた仕事が、受託の仕事として回ってきたのでした。何としてでもやり切らなければなりません。

体制としては、クライアントの部長がプロジェクトマネジャー、かつ仕様を決める権限もこの人が持っています。しかし、開発の実務は受託先である私たちが行うわけです。

この部長という人は、仕様をつくるチームのトップでもあるので、仕様はこの人がオーケーしないと作りこむことができません。この仕様がなかなか出てこないのです。しかし、何もしないわけにはいかないので、手のつけられそうなところから作り始めます。共通して必要となりそうな機能をライブラリとしてつくったり、仕様変更が入っても、柔軟に対応できるような設計にするわけです。しかし、それにも限界があります。

時間はどんどん過ぎていきますが、仕様はいっこうに出てきません。出てきても、あいまいだったり、矛盾していたりと、質問と回答のやりとりだけで、かなりの時間ロスです。しかし、それでも納期は変わらないわけです。そんななかで無理やり開発を進めれば、当然、不具合はたくさん出ます。変更につぐ変更、しかも、仕様が変われば「すぐに変更しろ」、「次のリリースに乗せろ」と言われるからです。

幸い、不具合の改修ペースは速かったのですが、それでもなかなか追いつきません。そこでクライアントから「ケツ叩き役」として、Kさんという人がやってきました。このKさんは、とても温厚な人で、クライアントであり、「ケツ叩き役」なのにもかかわらず、偉そうなことは一言も言わず、「これ手伝おうか」「何か困ってないか」「会社(クライアント先)に言うべきことはないか」などと、いつもチームを励ましてくれる人でした。この人にどれだけ救われたかしれません。

そんな中で、マイルストーン(途中の区切り)がやってきます。マイルストーンぎりぎりまで、徹夜つづきです。何とかできるだけ不具合をつぶしたかたちでリリースしたい。みな必死です。そこで、プロジェクトマネジャーから告げられるのです。「実はあと1か月あるんだ」と。プロジェクトマネジャーは、メンバーには言わずに、自分のなかで「バッファ」を持っていて、それをギリギリになるまで、言わなかったのです。つまり、ギリギリの状態を続けさせるために、隠していたのです。

そこで日ごろは温厚なKさんが、声を荒げました。

「いつまでこんなやり方するんだ!いつになったら子供の顔が見れるんだ!」

Kさんは、私たちの支援をするために一人で出張していて、何か月もホテル住まいなのでした。ふだん、どんなことがあっても声を荒げないKさんが、バッファを隠し持っていたプロジェクトマネジャーのやり方に爆発したのでした。

私は、自分がはじめて参加したプロジェクトで、プロジェクトマネジャーという立場の人間が与える、メンバーへの影響の大きさを痛感しました。プロジェクトマネジャー次第で、メンバーの人生を大きく左右することもあるのです。

実際、私もそのプロジェクトの最中、つきあっていた彼女と別れそうになって、あわてて最終便で大阪に帰って、朝の便で東京に戻ってきたことがあります(笑)

プロセスをデザインすることで、プロジェクトの成功率は高まります。それは、

①再現性を高める
②複雑性を減らす
③追跡可能性を高める

ことができるからです。しかし、その先にある目的には、

 子どもの顔を見ることができる幸せ

があり、そしてそれがなければ、

 お客様に価値を届ける

こともできないと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>