セミナーレポートが掲載されました

先月29日に行なったPMIでのセミナーの様子が、PMIのニューズレターに掲載されました。2ページにわたって、すばらしい文章でまとめていただいています。

PMIニューズレター vol.52(2012年 秋号)

プロジェクトの成果を最大化するには、「要件開発」、「設 計」、「実装」など各フェーズにおいて発生する個々の問題に 対処するだけでは不十分であり、なぜ問題が発生しているの か、どのような構造で発生しているのかについて、プロセス を理解する必要があります。なぜなら、プロジェクト・マネ ジャー(PM)がマネジメントできるのは結果ではなく、結 果を生み出すプロセスだからです。 また、プロセスを実行するのはあくまでも人間です。PM は、 経営と現場のはざまに立ち、さまざまなジレンマを抱えなが ら、メンバーをはじめプロジェクトを取り巻く関係者に対し て適切な働きかけを行いながら、成果を上げなくてはなりま せん。 そこで、今回のセミナーでは、「プロセスデザイン」と「人 間理解」という一見距離感のある2つのテーマに焦点を当て、 プロセスデザインの基本的な考え方を知るとともに、その実 践に向けたヒントを得ていただくことを狙いとしました。

セミナーに参加いたいだいた方のアンケート結果もいただきました。「大変よかった 44%」「よかった 44%」と、88%の満足度ということで、今回は演習などもなく講演中心で、この数字はかなり高い満足度とのことです。

いただいた感想を少しだけ紹介しますと、

・もっと聞きたい。
・短かった。もっと深く知りたかった。
・もう少し時間があった方が良かった。
・プロセスとプロジェクトマネジメントの視点の違いは興味深かった。
・2時間があっという間でした。
・全て興味深かったです。
・非常にわかりやすかった。
・第2回目を願います。
・講師の実践に基づく内容で、できる気がする。やってみようと思える内容だった。
・今までのセミナーで1,2を争う内容でした。
・一つひとつの言葉に思わずうなずいてしまうような説得力があった。
・これほど力のある言葉を連発できる人はそういないと感じた。

など、うれしい感想を多数いただきました。ほんとに多数でびっくりしました。

これからも、できるだけ多くの機会を設け、「人を幸せにするプロジェクトマネジメント」についてお話していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA